越後の気紛れ日記

日常の出来事や身近な問題に対する思いを書いていきます。

初めてのデートを最高に楽しむ方法を見つけました

この記事をシェアする

こんにちは。

突然ですが、あなたに質問です。
 
その人を考えていると幸せな気持ちになる、会いたくて切なくなる、いつも一緒にいたい、そんな相手はいますか?
(アイドルとかいいですよね。私は、女優の吉岡里帆が好きですが。)

1. 私は、出会いを求めて活動した結果、今では結婚して10年を越えました

 
もう10年とは早い。(今年で36歳になります)
今、考えても素晴らしい行動だったと自分を褒めることができます。
 
しかし、思い返せば、「ただ運が良かった」と感じるのです。
 
もしこの女性と巡り合うことが出来ていなかったら、私はどうしているのだろう。
 
出会いの回数を増やせば、解決できる問題ではないと思います。
 
どんな人に出会いたいのかを決めて、その理想とする相手と「自然に」知り合うことができたら、これ以上に素晴らしいことはないでしょう。
 
私の場合は「女の子に声を掛ける」ことが恥ずかしくて、無視されたり拒絶されたらどうしようと不安になり、自分に自信が無かったため出来ませんでした。

 

声を掛けるという行為が出来なかった自分を「遊び人ではない」という扱いにすることで、出来ないことに理由を付けていました。(コミュニケーションが苦手なくせに彼女は欲しいという欲求のカタマリ)

 

しかし、彼女が欲しい、恋愛がしたいという願望はありました。(ただの変態かもしれない)

 

だから、どうにかして自然に話しかけることは出来ないかと考えました。

 
 

2. その頃のわたし

は不幸にも全校で3人しか女子がいない工業高校(牢獄)に3年間通い、専門学校は自動車工学科(女子2人)に入りました。
 
彼女が欲しいという欲求(変態)がありながら女子がいない(正:少ない)環境を選んでいる自分がいました。
 
欲求が膨らむ一方で打開策に悩む日々を過ごしました。
 
 
しかし、ある時こんな事を考えます。
「専門学校は私服で通うんだよな」
「自分の好きな服を着て学校に行きたい」
「自由なお金が欲しい」
「良しっ!バイトをしよう‼」
 
 
バイトをすると決めたけど、どんな仕事があるのか、どこがあるのか調べていませんでした。
 
ただ、最初から決めていた条件はありました。それは、
 
「誰でもできる」そして「女子がいる」こと。
 
とにかく女子がいるところに行きたかった‼
 
バイト先だけは何とかしたい。
 
そこで、ナンパはできない、自分に自信がない、こんな17年前の自分が考えた最後の手段は「ファミリーレストラン(ガスト)」で働こうというものでした。
 
当時は求人があるかどうか調べるなんて知りませんから、直接店に電話してアポを取り面接に行きました。
 
そして店長から面接してもらいました。
 
志望動機を聞かれたでしょうが何と答えたかは覚えてません。(可愛い女の子が大勢いるから・・・なんて答えてないと思う。本当の事を言ってたら落とされてるだろ)
 
店長
「何の仕事がしたいの?」
 
「皿洗いがいいです」
 
店長
「皿洗いだけの仕事はないよ」
「お客さんの接客をするフロアの仕事と、注文された料理を作るキッチンの仕事、どっちがいい?」
 
「キッチンの仕事がいいです。」(コミュニケーションが苦手なんで、、、。)
 
面接結果
理由は知らないが受かった!
 
モチベーション
ヨーシ!しっかり働いて自由なお金を手に入れて、彼女もつくるぞー♪超緊張するー。女子と同じ空間にいれるなんて中学生ぶりではないか。(やはり変態)
 
そして、その時は突然やってきました
 
 

3. 彼女(妻)との出会い

夜の時間帯で働いていましたが、深夜の時間帯にも入るようになったことにより、6年後に妻となる女性に会うことになります。
 
私は調理(キッチン)で彼女は接客(フロア)でした。
 
ちょっとした挨拶をしただけで、すぐ仕事に戻りました。
 
休憩時間は男女関係なく同じ個室で休むんですが、女子に慣れていない私にとっては毎回どきどきして休憩どころではなかったです。
 
少し狭い個室にテーブルがあり、そこで一緒に食事をするので毎回お見合いのようで、ガチガチでした。
 
バイトの回数が増えてきて休憩時間に慣れてきた頃、彼女と一緒に休憩することになります。
 
いつもながら、何を話せば良いのか分からず、静かにしているしかない自分。
 
そんな時、彼女の携帯にメールが届きます。
 
その着信音の曲がきっかけで、彼女との距離が急に縮まります。
 
彼女は名探偵コナンが好きでアニメの曲を入れていたというんですが、私はその曲を歌う歌手も好きで入れていました。
 
私は彼女の着信を聞いて咄嗟に「それ倉〇麻〇の曲だよね」と言ってしまったんです。
 
彼女は無視することなく「なんで知ってるの?」と返してくれました。
 
「いや、倉〇麻〇の曲が好きで同じ曲を電話の着信に使っているよ」と返した。
 
その曲が欲しいと彼女に言われ、メールアドレスを交換することに。
 
そこで、「電話番号を教えてもらえますか?」と言えた自分。
 
女子と個室で食事をするだけでテンパる自分にとってはよくやったと思える。
 
その後は、距離を測るように慎重にメールを送らせていただきました。
 
 

4. 交際期間6年

何通かメールのやり取りをして、時折今のは不味かったかとメール内容に反省したりしてました。
 
ある時、自分の直感で「今なら、いいんじゃないか」と思った時が訪れます。
 
そして私は、本来は好ましくない事をしてしまいます。
 
メールで彼女への気持ちと交際の申し込みをしました。
 
テンポ良く返信が届いていたのに、返信が止まったときは、これから起こる悲惨な状況を想定して対策を考えていました。
 
「メールで伝えることじゃないだろう‼」っと何度自分に説教をしたことか、わかりません。
 
ただ、直感を信じてみたかった。
 
返信は翌日の遅い時間に届きました。
 
返信の内容は、私を冷静にさせました。
 
「付き合うって何ですか?」それが、彼女からの返事でした。
 
 

5. 結婚したいと思った出来事

6年間も一緒にいると、相手の事だけでなく、自分の事も良く見えてきます。
 
中々言えませんね。
 
思い返すと反省会が始まってしまう。
 
ただ、言えることは「一途であること」です。
 
正直、テレビや雑誌を見れば、町に出ればイイと思える人は沢山います。
 
でも、それって本能的に芽生える欲求でしかない。
 
私が求めたのは、そういった欲求を受け止めてくれる人ではなかったんです。
 
私を受け止めてくれる人を望んでいました。
 
ある日、自分が地の底に落ちた思いで人生の絶望を感じている時、彼女は私を捨てなかった。
 
人生の岐路に立たされた私を支えてくれたんです。
 
楽しい思い出は沢山ある、だけど、辛い思いも沢山させたと思うのに、隣に居てくれた。
 
その時、「こんな私で申し訳ないが結婚してください」と伝えました。
 
6年も一緒にいると、結婚したら何が変わるのかと思ったことがあったけど、本気で結婚させて欲しいと思った。
 
彼女に対して「好き」だとか「愛している」とか、そういう感情から、「この人と一緒にいたい、暮らしていきたい」と思った。
 
 

6. 結婚する際の条件

彼女
「私は料理が出来ない。洗濯だって本当はやりたくない。掃除は苦手だし。
 
だから、家事は分担してやること、出来る時間がある方が家事をやること。
 
それと、大好きなユーミンのコンサートと小田和正のコンサートは必ず行かせてもらう。
 
あと、、、。それでも良ければ。。。」
 
 
「今さら言われなくても知ってるよ。
 
家事だって共働きなんだから当然でしょ。
 
お願いします。」
 
 

7. 結婚

結婚指輪を見に行こう!と言って、見に行っただけなのに、彼女の食い付きが凄いため、いつの間にか購入する流れになっていて、変な汗を流しながらカタログをもらって帰ろうと説得したことを思い出した。
 
見るだけって言ったじゃん。
 
この後、彼女の財布から支払いました。
 
彼女のイタズラには焦りました。
 
因みに、結婚式はしてません。
 
結婚式場の一室を借りて、親族抜きの結婚式?二次会?の中間のような式をしました。
 
新婚旅行にも行ってない。
 
もう新婚ではないか。
 
 

8. まとめ

結婚に至るかどうかは、わかりません。

 

しかし、

相手が自分と同じ趣味だとしたら、恋愛できる確率は99%です。

 

なぜなら、

共通の趣味があれば相手が楽しいと思えることに付き合えるじゃないですか。

 

会話をするにも、デートに誘うにも緊張する必要はない。そういう時は、こんな風に思っていればいい。

「楽しいと思えることに付き合ってください」

 

自分の好きなことを理解してくれて、笑顔でいてくれたら、それだけで恋愛対象に入れる。

 

恋愛対象に入れたのなら、その相手に対する自分の気持ちを少しずつ伝えていけばいいと思う。

 

言葉で伝えなくては、いけないこともある。

 

行動で伝えなくては、いけないこともある。

 

静かに寄り添うことで伝えることもある。

 

大切なことは、身体目的ではないということを感じてもらうこと。

 

相手に対する感情や思いは、必ずあなたに返ってきます。

 

私は「共通の音楽が好きな女性」からスタートして、今では妻となっている人と17年一緒にいます。

 

今でも愛してます。

 

それは、身体目的ではなく、その女性と一緒にいたいと今でも思えているからです。

 

今、好きな人が見つからない、恋がしたい、結婚したいと思っているのなら、

あなたにも「共通の何かを一緒に楽しんでくれる人」に出会えるように祈っています。

 

恋愛できる確率99%残りの1%はあなたの勇気です。


最後に紹介したい情報があります。それがこの

 

最初から相手の共通点が分かる

というもの。このサイトは遊びを目的とした一時的な相手を探すのではなくて、恋愛や結婚に特化した場所となっています。

最大の特徴は「自分と相手の共通点を知ることが出来る」点にあります。

イケメンとかカワイイとか美人とか色々要望はあるでしょうが、大事なことは「付き合ってもらえるのか」だと思います。

あなたが楽しいと思えることに共感してくれる人なのかは重要なことです。

まずは登録して試してみる👇

共通点で探す【メンタリストDaiGo監修】恋愛婚活マッチングwith
心理学×統計学で運命より確実な出会いを見つけよう!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 心理学×統計学で運命よりも確実な恋愛へ! withはメンタリストDaiGo監修の恋愛婚活マッチングサービスです。 主に真面目にパートナー探しをしている20-30代の男女にご利用頂いています。 withには性格診断イベントがあり自分の価値観と100%一致する異性を見つけられるほか、 共通点検索もできることで、他ではめぐり会えないような理想の相手を見つけることが出来ます。 もちろん、職業、学歴、年齢、年収、身長など様々な絞り込み機能も充実。 サービス登録は基本無料。 Facebookフレンドに知られることなく充実した恋活・婚活を体験することができます。 ※ご登録にはFacebookアカウントが必須です。 上場企業が提供しているため、安心・安全のサービスです。 https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TINBZ+FPLTGY+3QBU+5YZ77 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━