今の暮らしに満足してますか

普段気になったことについて書いている雑記です。よろしくお願いします。

体重が20kgも増えた理由を考えてみた

この記事をシャアする

私は中学生の頃、陸上部に所属していたんですよ。種目は400㍍と800㍍がメインだけど4000㍍だって走れます、という選手でした。メインの種目は、あと10秒早かったら全国大会で表彰台に上がれたかなというタイムです。

 

 勉強より部活を真面目に取り組んでいたので、練習の後に家に帰って食べるご飯が凄く美味しかった。その時は、どんぶりにご飯を山盛りにして食べてましたねぇ。どれだけ食べても太らなかったからなぁ、、、。今は食べる量を調節してます。

 

 

私が急激に太り始めた時はタバコをやめた時

学生の時からタバコを吸い始めて、女性(妻)と付き合い初めても吸い続け、子供を授かったことを知ってから愛用していたジッポとタバコケースを処分してタバコをやめました。タバコをやめることは良いことなのに、日ごろの習慣というかルーティンが崩れるのは耐え難いものがありました。精神的にストレスを感じていたこともあり、タバコの代わりに何かしら口の中に入れていました。その頃から少しずつ太り始め、ズボンのサイズが合わなくなり、腹が気になりだして、シャープな顔が丸くなっていきました。

あれ、アゴに肉が付いてしまった、、と思ったらもう遅い。

 

結婚して妻からご飯を作ってもらい、おいしいからということもありましたが、残して捨てるのがもったいないと思ってしまう私は、お腹に入るなら食べようと思い食べていました。

  1. タバコをやめた
  2. 食べ残しはもったいない
私にとってはこの2点がデブへの引き金になったと思っています。
 
なので、太りたくなければ
  1. タバコは吸わない
  2. 必要な分だけ食べる
私がタバコを吸い始めたのは仲間が吸い始めたからでした。どんな感じなの?という好奇心でした。私の父親も吸っていたこともあり身近なものでした。肺がんの授業を受けても、自分は大丈夫だろうと思っていたわけです。仲間と行動を共にしているうちにタバコを吸うタイミングと習慣が付いてしまいました。こうなると強い意志がないとやめれなくなっています。
自分に言わせてもらうと、「タバコへの好奇心など持つな」ということですね。
 
しかし、大好きな愛する妻が作ってくれた「ありがたい御飯」を残すのは辛かったなぁ。どうして辛く感じてしまうかと言うと、私が皿洗いやゴミ捨ての当番なんですよ。だから、ついつい食べてしまう。これは今でも続いてしまっているときがあるので、、、。なるべく食べ過ぎないようにすること。

健康が気になる方はこちら