越後の気紛れ日記

日常の出来事や身近な問題に対する思いを書いていきます。

保育園会長経験者の運動会「会長あいさつ」卒園式「お祝いの言葉」全文

f:id:hiroyuki-aya:20180331015358p:plain

保育園の役員

保育園の役員は、地域や保育園によっては決め方が違うかもしれません。私の子供達が通った保育園の決め方は、「自分以外の人に1票を入れる」という方法でした。票数が多い人が役員。子供が年長の時に一番多く票をもらうと会長になります。ただ、役員をしたことがある人には票を入れることはできません。なので、会長になりたくない人は入園した年から役員になりたいと立候補します。しかし、自分に票を入れることはできないため、政治の力が働くときもあるようです。

保育園の役員に選ばれた

わたしは知っていました。このままでは、2年後に会長職または副会長をすることになることを。しかし、どうにもならなかった。妻が他の子のお母さんに頼もうかとしましたが、仲がいいお母さんはいませんでした。私の妻は3歳上の娘のお母さん達とは仲が良かった分、息子のお母さん達とは話す機会が足りなかったのです。

年長の役員決めが始まった

年長の役員決めが始まして、予想通り票数を多く取ってしまいました。しかし、同票数の人が二人いました。こういう時ってジャンケンかな?と思いました。遅くなりましたが、私はこの時仕事だったので妻が役員決めに出席してました。妻の話では、同票数の二人は仕事で電話にも出ない状況だったそうです。

同票数の人が3人いた場合どうするの?

同票数の人がいる場合は話し合いで決めるそうです。でも、ダチョウ倶楽部じゃあるまいし、「誰もやらないなら俺がやろうかな!俺もやるよ!!・・・俺も・やろうかな!!どうぞ、どうぞ(^_^)/ なんでだよ( `ー´)ノ」こんなことにはならんだろ。なったら面白いけど。

どんな役職もやりたくない人には任せられない

票数が多い人は役員決めの日に保育園から呼び出されます。予め役員を決めるので来て欲しいと言われていたのに二人は仕事で欠席、そして連絡が付かないこの状況をどうするか。妻と先生方は困ってしまいました。そこで、妻は私と話し合って決めたことを先生に伝えることにしました。妻は「園長先生、私たちが会長をやります」と言いました。

役員になりたくない理由

役員になりたくない理由はこんなところでしょうか。

  1. 昼間は仕事があるから子供を保育園に預けているのに呼び出されるのは嫌だ。
  2. 他のお母さん達に気を使いながら決めていくのは嫌だ。
  3. 運動会の準備、当日の手伝い、片付けをやるのが嫌だ。
  4. 卒園式後に行う先生への謝恩会準備、当日の手伝い、片付けをやるのが嫌だ。

会長になりたくない理由

会長になりたくない理由はこんなところでしょうか。

  1. 運動会での「会長あいさつ」をやりたくない。
  2. 運動会で司会、進行をやりたくない。
  3. 卒園式での「お祝いの言葉」をやりたくない。
  4. 人前に出たくない。

 私も会長には、なりたくなかった

私も会長になりたくなかったです。副会長も嫌だった。

 考え方を変えてみた

会長も副会長も嫌だ。やりたくない。でも、「会長をやらないで後悔するのはもっと嫌だ」と思いました。どんな考えに変えたのか。

  1. 子供を持つ親として、いい思い出に出来る。
  2. 自分を成長させる機会にする。
  3. 保育園会長経験者の仲間になる。

 運動会での「会長あいさつ」全文

私が作成して、実際に使用した運動会での「会長あいさつ」全文です。読みやすいようにワザとスペースを設けています。当日には暗記しているので、見ることは無かったですが、ポケットには入れておきました。

会長あいさつ

みなさん、おはようございます。
みんなが待ちに待った運動会の日がやってきました。
バラ組さんにとっては、最後の運動会です。
練習してきた かけっこ、玉入れ、綱引き、そして、バルーンを お父さんや お母さんに、たくさん見てもらいましょう。
みんなは、ドキドキワクワクしていると思いますが、今日まで 練習してきたことを いっぱい見せてください。
お父さんとお母さんも参加する 玉入れや 綱引きも ありますから 楽しみにしていてください。
保護者のみなさま、朝早くから、ありがとうございます。
本日は子供たちの練習の成果を、お楽しみいただき、また、大きな声援と拍手も お送り頂きますよう、よろしくお願いします。
今日の運動会のために、準備と熱心な 指導をしてくださった先生方に、お礼を申し上げます。
それでは今日一日、ケガの無いように頑張りましょう。

 卒園式での「お祝いの言葉」全文

 私が作成して、実際に使用した卒園式での「お祝いの言葉」全文です。都合上、保育園、卒園日、会長名は省きました。

お祝いの言葉

お祝いの言葉

ばら組の皆さん、おはようございます。
そして、ご卒園おめでとうございます。
この〇〇〇〇保育園には楽しい思い出がいっぱいあると思います。
桜が咲いたころ、みなさんは一番上のお兄さん、お姉さんになりました。
ばら組での一年を振り返ってみると、春の遠足では、大雨が続いて心配しましたが、みんなの願いがかなって、晴れましたね。お母さんと一緒に楽しい遠足になったと思います。
汗がいっぱい出る暑い夏には、水遊びをしました。楽しみにしていたプール参観は、台風の影響で中止になってしまいましたね。
運動会では、玉入れや綱引き、駆けっこもしました。親子リレーは大接戦で盛り上がりましたし、踊りやバルーンは大成功でした。
お遊戯会では先生とお友達と一緒に、いっぱい練習した踊りやお話を魅せてくれました。
お父さんやお母さんにとって、自分の子供が頑張って練習したことを見せてくれるのは、本当に嬉しいことです。とても大切な思い出となりました。

これから皆さんはランドセルを担いで小学校に通います。
一年生になるために必要なこと、それは、大きな声で元気な「あいさつ」です。それと、出来ないことでも、練習をして上手になれるように頑張る事。
この二つは、保育園生活の中で身に付いたと思います。これができる皆さんなら大丈夫です。自信を持って下さい。

園長先生をはじめ、諸先生方におかれましては、ばら組園児たちを今日に至るまで温かくご指導頂きまして、ありがとうございました。子供たちは保育園での生活を通して様々なことを学び、成長しました。
これもひとえに先生方のご尽力の賜物と心から感謝申し上げます。

最後に、保護者の皆様方には、お忙しい中、様々な活動にご理解とご協力を頂きまして、ありがとうございました。
代表致しまして、お礼を申し上げます。
簡単ではございますが、お祝いの言葉とさせて頂きます。

平成三十年 三月 〇〇日
〇〇〇〇保育園父母の会 会長 〇〇 〇〇

 最後に

「会長になりたくない」「役員になりたくない」と強く思っている人が、「やってみよう」と少しでも前向きになれたのなら幸いです。私は、会長を務めさせて頂いて良かったと心から言えますよ。大変な方もいるかもしれませんが「選んだ人に責任があると思いますが、選ばれた自分にも責任がある」と思い、引き受けてみてはどうでしょうか。「大切な思い出」となりますよ。それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いします。